千葉ロッテマリーンズ 歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

東京オリオンズや川崎時代のロッテオリオンズ時代を含め、千葉ロッテマリーンズが今までに指名して来た歴代のドラフト1位選手、どのような選手がいてどれだけの実績を残して来たのでしょうか?

千葉ロッテマリーンズ が指名して来た歴代ドラフト1位選手で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手がどれくらいの割合なのかを詳しく紹介します

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球での成功の基準なんですが、投手は『 通算28勝以上 』野手は『 通算427安打以上 』というひとつの目安があるので、この記事でもその成績を目安として失敗と成功の線引きをさせていただきました

このプロ野球の成功基準である『投手通算28勝以上』『野手通算427安打以上』 という数字は、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に算出した数字です

また、投手28勝だけだとリリーフで活躍した投手の扱いが難しくなってくるので、スポーツライターの小関順二さんが言われているセーブとホールドは0.5勝換算として計算しています

なので、この記事での成功基準は

■ 投手は通算28勝以上(セーブとホールドは0.5勝換算)

■ 野手は通算427安打以上

このようにさせていただき、この通算成績以下を『失敗』とします

また、 逆指名ドラフト時代の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とします

現役選手は成功基準を超えている選手のみ記載しています

千葉ロッテマリーンズ 成功したドラフト1位選手一覧

※東京オリオンズ・ロッテオリオンズ時代を含む

伊良部秀輝・小宮山悟・小林雅英・西岡剛選手の成績はNPB通算

名前指名年ドラフト時所属通算成績
八木沢荘六1966年早稲田大学試394 71勝66敗8S 防.3.32
村田兆治1967年福山電波工業試604 215勝177敗33S 防.3.24
有藤道世1968年近畿大学試2063 安2057 本348 打1061 率.282
袴田英利1977年法政大学試911 安511 本38 打231 率.231
愛甲猛1980年横浜高校試61 0勝2敗 防.6.70
試1532 安1142 本108 打513 率.269
伊良部秀輝1987年尽誠学園試273 72勝69敗11S 防.3.55
前田幸長1988年福岡第一高校試595 78勝110敗 防.4.17
小宮山悟1989年早稲田大学試455 117勝141敗4S 防.3.71
大村三郎1994年PL学園試1782 安1363 本127 打655 率.265
小林雅英1998年日本体育大学試463 36勝34敗223S 防.2.93
西岡剛2002年大阪桐蔭試1125 安1191 本61 打383 率.288
内 竜也2003年川崎工業高校試308 20勝12敗56S87H 防.3.33
久保康友2004年松下電器試304 97勝86敗6S 防.3.70
大嶺祐太2006年八重山商工試129 29勝35敗 防.4.72
唐川侑己2006年成田高校試206 66勝66敗 防.3.74
荻野貴司2009年トヨタ自動車試927 安943 本42 打259 率.283
藤岡 貴裕2011年東洋大学試178 21勝32敗16H 防.4.14
松永 昂大2012年大阪ガス試359 16勝15敗1S135H 防.2.91
石川歩2013年東京ガス試172 69勝58敗 防.3.55
中村 奨吾2014年早稲田大学試853 安719 本62 打310 率.255

1970年代から80年代前半はドラフト1位がほとんど戦力になっていないのと、今では考えられないようなドラフト1位の入団拒否(1976年森繁和、1979年竹本由紀夫、1990年小池秀郎)などもあり、ドラフトもチーム状況も散々だったロッテですが…

千葉移転後はチームの人気も高まり、ドラフトの有力候補の中にもロッテファンを公言する選手も出てくるまでになりました

今のチームの人気だと、あの小池ドラフトのような悲劇は起こらないでしょうね

千葉ロッテマリーンズ 成功しなかったドラフト1位選手

名前 指名年 ドラフト時所属 通算成績
大塚弥寿男1965年早稲田大学試229 安57 本4 打16 率.178
園田喜則1966年北陽高校試47 安9 本0 打1 率.257
前田康雄1969年電電四国試60 1勝7敗 防.5.87
井上圭一1971年三菱自川崎試4 0勝0敗 防.0.00
伊達泰司1972年法政大学試23 安1 本0 打1 率.100
佐藤博正1973年札幌商業試1 0勝0敗 防.0.00
菊村徳用1974年育英高校試6 1勝2敗 防.5.21
田中由郎1975年三菱重工三原試139 12勝24敗 防.4.54
福間納1978年松下電器試451 22勝21敗 防.3.67
井辺康二1981年東海大学試168 10勝12敗 防.3.78
石川賢1982年日本大学試162 22勝25敗 防.4.81
比嘉良智1983年沖縄水産試1 0勝0敗 防.0.00
笠原栄一1984年佐波農業試22 0勝8敗 防.6.98
石田雅彦1985年川越工業試2 0勝0敗 防.∞
関清和1986年専修大学試60 4勝7敗 防.4.59
吉田篤史1991年ヤマハ試292 26勝37敗 防.3.69
武藤潤一郎1992年プリンスホ試159 17勝33敗 防.4.77
加藤高康1993年NTT東北試12 2勝4敗 防.3.89
澤井良輔1995年銚子商業試90 安36 本6 打19 率.225
清水将海1996年青山学院大学試683 安314 本9 打119 率.212
渡辺正人1997年上宮高校試492 安140 本11 打71 率.208
高橋薫1999年日本通運一軍公式戦出場なし(投手)
田中良平2000年加賀高校試5 0勝0敗 防.8.10
喜多隆志2001年慶応大学試53 安22 本0 打4 率.227
手嶌智2004年新日本石油試1 0勝1敗 防.12.00
柳田将利2005年青森山田一軍公式戦出場なし(投手)
服部泰卓2007年トヨタ自動車試73 2勝1敗 防.5.81
木村雄太2008年東京ガス試47 1勝6敗 防.5.24
伊志嶺 翔大2010年 東海大学試448 安236 本6 打59 率.242

1970年代から80年代中盤にかけて見事な外しっぷりですね

1976年森繁和、1979年竹本由紀夫と2人のドラフト1位が入団拒否していますが、実は下位でも1974年石毛宏典、1977年川口和久、1983年長富浩志という後の他球団ドラフト1位選手も入団拒否をしています

この時代のロッテのドラフトはただただ残酷です…

その後も8球団競合で引き当てたにも関わらず『最も行きたくない球団』と言い捨てられ入団拒否された小池ドラフトもありました

指名してくれた球団に対してあそこまで露骨に嫌悪感を表すドラフト1位も珍しいのですが、まああれが当時のロッテという球団を表していますよね…

それが今では藤原恭大選手のような甲子園のスーパースターがニコニコしながら入団してくれるようなチームになったんですからね。これは本当に凄いことだと思います

1978年ドラフト1位の福間納さんは、ロッテに2年間しか在籍しておらずその間1勝も挙げることは出来ませんでしたが、その後移籍した阪神で3年連続60試合登板やシーズン77試合登板など中継ぎとして大活躍されました

ただ、福間納さんが現役時代にホールドの規定がなく、通算成績上では0ホールドとなっているため、今回の成功規定には達しておらず、こちらに記載させていただいています

しかし福間納さんは十分プロ野球の成功投手です

千葉ロッテマリーンズ  歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

千葉ロッテマリーンズの歴代ドラフト1位選手、現状での成功選手・失敗選手の割合は

成功20名・失敗29名となっています

ロッテの場合、千葉移転前は指名拒否以外にも、事前に指名お断りが相当あったんじゃないかなと思われます

狙っていた選手全てが順調に指名出来たり入団で来ていたら、もっといい結果になっていたでしょうね

それでも昨今では外れ一位での史上最多指名だった佐々木千隼投手や、高校球界のスター、平沢大河選手や安田尚憲選手、藤原恭大選手や佐々木朗希投手など、話題の選手が次々と入団するチームになっています

チームに昔のような暗いイメージも全くないのは、球団努力の賜物なんでしょうね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!