関西学生野球連盟

田口壮の『阪神に行きたくない10ヶ条』とはいったい何だったのか?

1991年(平成3)のドラフト会議前、阪神タイガースは、関西学院大学の田口壮を1位の筆頭候補においてドラフト戦略を組んでいました

いわゆる暗黒時代と呼ばれた時期の真っ只中だった阪神は、当時ショートのレギュラーだった和田豊が、身体の負担の影響で翌シーズンからセカンドへのコンバートが決定しており、その穴を大学ナンバーワンショートで即戦力の呼び声の高い田口壮で埋める予定でいました

実績のあるショートは平田勝男や高橋慶彦という引退間近のベテランしかおらず、獲得出来れば田口を1年目からレギュラーでという考えも阪神首脳陣にはあったようです

関西学院大学時代はリーグで首位打者、最優秀選手を各一度ずつ。ベストナインは4回受賞。大学通算で打率.327 10本塁打 47打点。4年間で放った123安打は未だに破られていない、関西学生野球連盟史上、最多安打です(立命館の辰巳涼介選手は1本及ばずの通算122安打でした)

しかも甲子園の地元西宮出身という、人気・実力・チーム状況すべてにおいて、阪神としては喉から手が出るほど田口壮選手は欲しい逸材だったわけですし、これほどチームの需要にドンピシャな選手はそういないというくらい完璧なドラフト候補だったわけです

この年のドラフトには駒沢大学の若田部健一投手や東北福祉大学の斎藤隆投手など、即戦力の目玉投手や、怪我をしているものの潜在能力はずば抜けていると言われていた日本大学の落合英二投手などもいましたが、阪神はそれらの投手に目もくれず田口壮選手を獲得の大本命に突き進んでいましたし、関西のマスコミも『阪神1位 田口』という話題を連日のように取り上げていました

ところが!そののドラフト会議の直前、田口選手は突如会見を開き

『阪神に行きたくない10ヶ条』

なる文章を多くの記者の前で読み上げたのでした




田口壮が読み上げた『阪神に行きたくない10ヶ条』の内容とは?

こちらが田口壮選手が読み上げたとされる『阪神に行きたくない10ヶ条』の内容です。

阪神に行きたくない10か条

その1・自分は野球選手である以上、常に勝利というものを目標として野球人生を送りたい

その2・自分の夢は日本シリーズで優勝する事であり、阪神が日本シリーズで優勝することは夢にしても出来過ぎている

その3・中村監督が個人的にあまり好きな人種ではない。陰気臭いという感じがする

その4・球団がせこい。金儲けのことしか頭にないように見える

その5・フロントの二枚舌が酷いという。傍から見ていてもその信憑性は高いと感じられる

その6・ファンである川藤コーチが辞任した。他の阪神のユニホームを着た人間に打撃など教わりたくもない

その7・阪神ファンのマナーが悪すぎる。甲子園球場で野球観戦をしたことは何度もあるが野球を見に来ているというよりも、騒ぎたいだけのバカの集まりのようにしか見えない

その8・これほどまでに勝てないのは育成部門が悪いのではないか自分も潰されそうで恐ろしい

その9・阪神沿線が肌に合わない

その10・大物選手がロクな辞め方をしていない。 選手を大事にしない球団には入りたいと思わない

当時の阪神、いわゆる暗黒時代真っ只中とはいえ、まぁ見事な言われっぷりです(笑)

インターネットがある今の時代にこんな事をやってしまったら大炎上どころの騒ぎではないと思うのですが…

なぜ田口選手がこのような暴挙に出たのか?

これにはいろいろな説があって、有力なのが、関西学院大学側が阪神にいいイメージを持っておらず(地元球団でありながら長い間選手の入団がなく疎遠だったため逆恨みとも言われている)それに加え、田口選手自身もオリックス入りを熱望(オリックスの担当スカウトが関西学院大学の先輩)していたため、関西学院大学側が言わせたという話です

しかし、田口選手本人が、阪神に行きたくない10ヶ条に関する本当の真実は墓場まで持っていくと言っている以上、本当の事はきっと誰にも解らないんでしょうね

でもこの頃の阪神の凄まじい暗黒感をすぐ近くの地元で見てきたわけですし、仰木監督率いる当時のオリックスはパリーグの強豪チームでしたからね。何が何でも阪神を避けたかった気持ち、解るような気もします…

結局この年のドラフトで田口選手に逃げられた阪神は、1位で大阪桐蔭の萩原誠選手(3塁)2位で日本石油の久慈照嘉選手(ショート)を指名

さらに4位では東洋大学の桧山進次郎選手(高校時代はショート、大学では3塁)を指名

この指名選手を見ても解る通り、阪神はとにかく内野手が欲しくて仕方がなくて、やっぱり田口選手がどうしても欲しかったんでしょうね

でも、もし田口選手が獲れていた場合、この3人とも阪神には指名されていなかったかもしれません

最大の補強ポイントで目玉選手を獲れたことで余裕が出来たと思いますし、その枠で即戦力レベルの投手を獲りに行ってたような気がします。実際3位は社会人熊谷組の弓長起浩投手でしたし

阪神の球団サイドもこの『阪神に行きたくない10か条』をどう受け止めたのかは解りませんが、田口選手がオリックスに入団し、主力選手となりFA宣言した時に阪神は真っ先に獲得に動いていますし、田口選手自身も過去のわだかまりがあったにも関わらず、自分の獲得を望んでくれた阪神タイガースのFA参戦に対し『涙が出るほど嬉しかった』と言っていました

結局ドラフトでもFAでも阪神とは縁のなかった田口選手ですが、オリックスやメジャーでもリーダシップや人望のある人なんだろうなと思って見ていましたし、何より地元の人でもあるわけですから、いつか指導者として阪神のユニフォームを着て欲しいなと個人的には思っています

オリックスと阪神は選手や指導者の行き来が多いイメージなんで、全くない話ではないと思うんですよねー

まああの10か条騒動を知る人たちは、いろんな意味で大盛り上がりするかもしれませんが…汗

でも、FAの時でも阪神ファンは歓迎ムードだった事を考えれば、今更過去の事でゴタゴタと野次るようなファンもいないでしょう

ドラフト時に、『僕は巨人が嫌いなんです』的な発言をしておきながら、FAで自ら巨人入りした某〇田氏にも巨人ファンは寛容だった気もしますし

最後に

ドラフト自由枠や希望枠があった当時、関西の大学や関西出身の選手からドラフトの超目玉レベルの選手が出てきても、阪神はことごとく振られていたイメージがあります

大阪体育大学の上原浩治投手や立命館大学の山田秋親投手を筆頭に、関西に縁のある逸材はかなりいたんですよね。しかも少年時代は阪神ファンだったという選手も結構いましたし

で、自ら入団出来るチームを選べて、好きだった地元球団の阪神が誘ってくれてるのに、それでも阪神を選ばず他球団を選ぶ。こんな選手多かった気がします

好きな球団ではあってもいざ自分の職場となると…という感じだったんでしょうかね?

まあ良くも悪くも阪神タイガースというチームはいろんな話題を振りまいてくれる球団ですよね笑

追記

1992年のドラフト、阪神は田口選手を獲れなかった穴埋めとして日本石油の久慈照嘉選手を2位で獲りに行ったわけですが、この久慈選手が1年目からショートのレギュラーを獲得し、オールスターにも出場し新人王まで獲るんですから、ドラフトって面白いですよね(久慈選手も高校時代は西の立浪・東の久慈と言われるような凄い選手だったんですけどね)

一方の田口選手はルーキーで開幕スタメンを飾ったものの、初回にいきなり大暴投のエラーをかましたり、監督の厳しい指導(あのイチロー選手を見いだせなかった土井正三監督)などもあり、イップスと難聴になるなど散々な1年目でした

結局ショートの守備はその後も改善される事無く、入団3年目には外野手に転向することになるわけですが

タラレバを言っても仕方がありませんが、もし田口選手が阪神に入団していたらこの久慈選手の新人王は当然ありませんでしたし、我々が当たり前に見ていた外野手の田口選手も誕生していなかったかもしれませんね

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で