オリックスバファローズ 歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

阪急ブレーブス時代を含め、オリックスバファローズが今までに指名して来た歴代のドラフト1位選手、どのような選手がいてどれだけの実績を残して来たのでしょうか?

オリックスバファローズが指名して来た歴代ドラフト1位選手で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手がどれくらいの割合なのかを詳しく紹介します

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球での成功の基準なんですが、投手は『 通算28勝以上 』野手は『 通算427安打以上 』というひとつの目安があるので、この記事でもその成績を目安として失敗と成功の線引きをさせていただきました

このプロ野球の成功基準である『投手通算28勝以上』『野手通算427安打以上』 という数字は、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に算出した数字です

また、投手28勝だけだとリリーフで活躍した投手の扱いが難しくなってくるので、スポーツライターの小関順二さんが言われているセーブとホールドは0.5勝換算として計算しています

なので、この記事での成功基準は

■ 投手は通算28勝以上(セーブとホールドは0.5勝換算)

■ 野手は通算427安打以上

このようにさせていただき、この通算成績以下を『失敗』とします

また、 逆指名ドラフト時代の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とします

現役選手は成功基準を超えている選手のみ記載しています

阪急&オリックスバファローズ 成功したドラフト1位選手一覧

※阪急ブレーブス時代含む。長谷川滋利・田口壮・平野佳寿選手の成績はNPB通算

名前指名年ドラフト時所属通算成績
長池徳二1965年法政大学試1449 安1390 本338 打969 率.285
山田久志1968年富士鐵釜石試654 284勝166敗43S 防.3.18
山口高志1974年松下電器試195 58勝44敗 防.3.18
佐藤義則1976年日本大学試501 165勝137敗48S 防.3.97
山沖之彦1981年専修大学試327 112勝101敗24S 防.3.92
高木晃次1986年初芝敬愛試357 29勝36敗3S 防.4.77
伊藤敦規1987年熊谷組試438 56勝51敗11S 防.3.76
酒井勉1988年日立製作所試117 33勝31敗14S 防.3.78
長谷川滋利1990年立命館大学試142 57勝45敗4S 防.3.33
田口壮1991年関西学院大学試1222 安1219 本70 打429 率.276
小林宏1992年広島経済大学試245 53勝47敗19S 防.4.42
平井正史1993年宇和島東高校試569 63勝43敗41S 防.3.31
山口 和男1999年三菱自動車岡崎試173 14勝15敗29S4H 防.3.31
平野恵一2001年東海大学試1260 安1184 本18 打263 率.279
加藤 大輔2002年神奈川大学試400 22勝28敗87S54H 防.3.73
金子千尋2004年トヨタ自動車試384 129勝92敗5S 防.3.07
岡田貴弘2005年履正社高校試1303 安1172 本203 打701 率.259
平野佳寿2005年京都産業大学試595 49勝72敗185S142H 防.3.07
小松 聖2006年JR九州試159 25勝26敗1S11H 防.4.38
安達了一2011年東芝試1064 安833 本35 打301 率.245
松葉 貴大2012年大阪体育大学試150 36勝51敗 防.3.86
吉田 一将2013年JR東日本試226 18勝20敗2S55H 防.3.74
吉田正尚2015年青山学院大学試643 安746 本112 打379 率.326
山岡 泰輔2016年東京ガス試226 18勝20敗2S55H 防.3.74

オリックスのドラフトの特徴として、1位はとにかく大学生や社会人の即戦力を求める傾向というのは有名ですが、過去のドラフト1位の成功例がこれだけ大卒や社会人に偏りまくってる状況を見ると、球団のドラフト戦略がそうなってしまうのも仕方ないような気がします

成績低迷が長い中で、戦力としての即効性がない高校生中心の指名というのは難しいのかもしれませんが、球団の人気や集客面を含め、甲子園のスターを積極的に指名していくことでオリックスという球団は変わっていけるんじゃないかな…と個人的には思うんですけど

東京では日陰の存在だった日本ハムも、北海道移転後はどんどん甲子園のスターを指名して球団の雰囲気も明るくなった感じもしますし、やっぱり高卒や甲子園のスターが順調に成長したら、戦力でも人気面でも魅力があるというのが、日本ハムを見てたらよく解りますよね

阪急&オリックスバファローズ 失敗ドラフト1位選手

※阪急時代含む

名前 指名年 ドラフト時所属 通算成績
平林二郎1966年中京商業試573 安48 本1 打11 率.234
渡辺一夫1967年東北福祉大付一軍公式戦出場なし(投手)
三輪田勝利1969年大昭和製紙試23 0勝4敗 防.2.31
小松建二1970年大昭和製紙試246 安32 本5 打10 率.183
渡辺弘基1971年日産自動車試249 8勝9敗 防.3.51
石田真1972年足利工業試2 1勝0敗 防.3.86
松本正志1977年東洋大姫路試32 1勝3敗 防.6.83
関口朋幸1978年吉田商業試151 12勝15敗 防.4.18
木下智裕1979年東海大学試119 10勝8敗 防.4.52
榎田健一郎1982年PL学園試7 0勝0敗 防.13.97
野中徹博1983年中京高校試111 2勝5敗 防.4.15
白井孝幸1984年豊川高校試18 1勝4敗 防.5.15
石井宏1985年日本大学試10 2勝3敗 防.6.38
佐藤和弘1989年熊谷組試149 安71 本3 打26 率.274
嘉勢敏弘1994年北陽高校試136 3勝7敗 防.4.84
試272 安17 本0 打9 率.135
今村文昭1995年九州学院試47 3勝4敗 防.5.61
試56 安2 本0 打2 率.167
杉本友1996年筑波大学試126 12勝23敗 防.4.93
川口知哉1997年平安高校試9 0勝1敗 防.3.75
小川裕介2001年立命館大学試5 0勝0敗 防.18.90
歌藤達夫2003年ヤマハ試131 3勝4敗 防.4.52
延江大輔2006年瀬戸内高校一軍公式戦出場なし(投手)
丹羽将弥2007年岐阜城北一軍公式戦出場なし(野手)
小林賢司2007年青山学院大学試2 0勝0敗 防.0.00
甲斐拓哉2008年東海大三一軍公式戦出場なし(投手)
古川秀一2009年日本文理大学試63 0勝2敗 防.4.48

1997年の超目玉で、オリックス入りを熱望していた平安高校の川口知哉選手を4球団競合で引き当てたものの、1勝も挙げる事無く引退という大失敗がありました

また、2006年から2008年にかけて高校生ドラフト1位が3年連続1軍出場がないまま引退してしまうというのも、ドラフト的にはかなりの大事件だと思います

阪急時代の江川卓選手や、後に他球団で活躍する内海哲也選手や新垣渚選手に入団拒否をされてるのも残念でしたね…

阪急&オリックスバファローズ  歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

阪急・オリックスバファローズの歴代ドラフト1位選手、現状での成功選手・失敗選手の割合は

成功24名・失敗25名となっています

オリックスのドラフト1位はとにかく大学・社会人が多いというイメージ通り、なんと成功の中に高卒ドラフト1位が2人しかいません(阪急時代の高木晃次投手とT-岡田選手)

この中に宮城大弥投手が加わるのは間違いないと思いますが、それにしても他球団に比べて驚くほど少ないです

それでも最近は小園海斗選手や石川昴弥選手など、高校生の目玉に重複覚悟で突撃したりと、ドラフト戦略も少し変わったのかなと感じます

若い選手がたくさん出てきて優勝もしたので、これからも甲子園のスターを含め、ドラフトで魅力的な選手をどんどん獲得して欲しいですね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!