阪神タイガースの歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

その中でも注目度と期待感が抜群なのがドラフト1位の選手です

阪神タイガースが今までに指名して来た歴代のドラフト1位選手、どんな選手がどんな実績を残して来たのでしょうか?

今までの阪神の歴代ドラフト1位で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手を詳しく紹介します

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球の成功成績の基準なんですが、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に出された数字

投手通算28勝・打者通算427安打

これがプロ野球での成功の基準として有名な数字のようなので、この数字を基準に設定しました

また、スポーツライターの小関順二さんがドラフトで成功基準に挙げている50勝(1S・1Hは0・5勝換算)・500安打という数値もあるので、その中から (1S・1Hは0・5勝換算) というのを採用させていただき、このサイトでは

投手通算28勝 (1S・1Hは0・5勝換算) ・打者通算427安打

この成績を上回った選手を『ドラフト1位で成功した選手』と認定しました

この記事でのドラフト1位 成功選手の基準

■ 投手・通算28勝以上 (1S・1Hは0・5勝換算)  打者・通算427安打以上

■ 成功基準は現役選手も含む(成績は2021年シーズン終了時)

■ 逆指名ドラフト時の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とする

■ メジャー移籍選手は国内成績のみ

阪神タイガース 成功したドラフト1位選手

※藪恵一・藤川球児選手の成績はNPB通算

名前指名年ドラフト時所属通算成績
江夏豊1966年大阪学院試829 206勝158敗193S 防.2.49
田淵幸一1968年法政大学試1789 安1532 本474 打1135 率.260
上田二朗1969年東海大学試361 92勝101敗3S 防.3.95
谷村智博1970年鐘淵化学試361 72勝82敗5S 防.4.12
山本和行1971年亜細亜大学試700 116勝106敗130S 防.3.66
佐野仙好1973年中央大学試1549 安1316 本144 打564 率.273
古賀正明1974年丸善石油試211 38勝54敗8S 防.4.59
伊藤弘利1977年三協精機試320 54勝81敗4S 防.4.43
岡田彰布1979年早稲田大学試1639 安1520 本247 打836 率.277
中田良弘1980年日産自動車試226 33勝23敗14S 防.4.73
木戸克彦1982年法政大学試965 安505 本51 打226 率.230
中西清起1983年リッカー試477 63勝74敗75S 防.4.21
猪俣隆1986年法政大学試191 43勝63敗3S 防.3.68
野田浩司1987年九州産交試316 89勝87敗9S 防.3.50
中込伸1988年神崎工業試182 41勝62敗2S 防.3.74
葛西稔1989年法政大学試331 36勝40敗29S 防.3.59
湯舟敏郎1990年本田技研鈴鹿試257 60勝79敗3S 防.3.99
藪恵一1993年朝日生命試279 84勝106敗 防.3.58
山村宏樹1994年甲府工業試225 31勝44敗2S 防.5.01
今岡誠1996年東洋大学試1309 安1284 本122 打594 率.279
藤川球児1998年高知商業試782 60勝38敗243S 防.2.08
安藤優也2001年トヨタ自動車試486 77勝66敗11S 防.3.56
江草仁貴 2002年 専修大学試349 22勝17敗48H 防.3.15
鳥谷敬2003年早稲田大学試2243 安2099 本138 打830 率.278
能見篤史2004年大阪ガス試469 104勝93敗4S 防.3.35
岩田稔2005年関西大学試200 60勝82敗 防.3.38
榎田 大樹2010年東京ガス試237 29勝25敗3S60H 防.4.16
藤浪晋太郎2012年大阪桐蔭試173 54勝49敗 防.3.42
岩貞 祐太2013年横浜商科大学試169 37勝41敗20H 防.3.75
大山 悠輔2016年白鴎大学試580 安524 本81 打318 率.266
近本 光司2018年大阪ガス試402 安476 本28 打137 率.292

1985年の日本一から2003年に星野監督で優勝するまでの暗黒時代のドラフトって、意外とドラフト1位は成功してるんですよね。派手さはないんですけど

下位に沈み続けるチームを即戦力選手でどうにかしようと思ったのか、その当時のドラフト1位は大学生や社会人が多いです

個人的にはこの球団こそ甲子園のスターを獲りまくって欲しいんですけどね

阪神タイガース 成功しなかったドラフト1位選手

名前指名年ドラフト時所属通算成績
石床幹雄1965年土庄高校試21 1勝1敗 防.2.68
西村公一1966年甲府工業試118 安26 本2 打7 率.153
野上俊夫1967年和歌山商業試6 0勝0敗 防.6.23
五月女豊1972年日本石油試235 18勝17敗 防.4.07
益山性旭1976年帝京大学試167 11勝27敗 防.4.63
源五郎丸洋1981年日田林工業一軍公式戦出場なし(投手)
嶋田章弘1984年箕島高校試21 0勝2敗 防.3.56
試138 安59 本0 打20 率.219
遠山昭治1985年八代第一高校試393 16勝22敗 防.4.38
萩原誠1991年大阪桐蔭試124 安38 本4 打14 率.192
安達智次郎1992年村野工業一軍公式戦出場なし(投手)
舩木聖士1995年NKK試101 9勝24敗 防.5.09
中谷仁1997年智弁和歌山試111 安28 本4 打17 率.162
的場寛壱1999年九州共立大学試24 安7 本0 打1 率.143
藤田太陽2000年川崎製鉄千葉試156 13勝14敗 防.4.07
浅井良2001年法政大学試486 安171 本12 打66 率.249
杉山直久2002年龍谷大学試94 21勝23敗 防.4.01
筒井和也2003年愛知学院大学試221 8勝6敗 防.3.87
岡﨑 太一2004年松下電器試119 安27 本2 打11 率.185
鶴直人2005年近大付属高校試117 9勝8敗 防.3.80
野原将志2006年長崎日大高校試15 安3 本0 打0 率.120
小嶋達也2006年大阪ガス試64 4勝9敗 防.5.33
白仁田寛和2007年福岡大学試56 3勝2敗 防.3.86
髙濱 卓也2007年横浜高校試212 安84 本3 打30 率.220
蕭一傑2008年奈良産業大学試2 0勝1敗 防.4.95
二神一人2009年法政大学試3 0勝3敗 防.5.31
伊藤 隼太2011年慶応大学試365 安154 本10 打59 率.240
横山 雄哉2014年新日鐵住金鹿島試9 3勝2敗 防.4.67

暗黒時代と言われている1980年代後半から2000年辺りまでにかけては意外とドラフト1位が健闘していて、それ以降に優勝したり強くなる2000年代は中々成果が出ていません

チームも弱く戦力が薄い時代にはやはり新戦力にはチャンスが多く巡ってきて、戦力が充実している時期は入り込む余地も無かったのでしょうかね?

阪神は生え抜きが育たないとかベテランを重宝し過ぎと言われてきたのも、この2000年代のドラフト1位を見るとなんとなく解る気がします

阪神タイガース 歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

阪神タイガースの歴代ドラフト1位選手、現状での成功選手・失敗選手の割合は

成功31名・失敗27名となっています

プロ野球ファンの間では育成が問題視される事もあるチームですが、ドラフト1位の選手は思った以上に健闘してました

名球会選手も、江夏豊・鳥谷敬と投打でそれぞれ輩出しています

個人的には今後、佐藤輝明選手がどんな成績を積み上げていいくのか、とても楽しみにしています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!