PL学園野球部OB プロ野球での成績でベストナイン組んでみた

高校野球で数々の歴史を作り、プロ野球にも多くの名選手を送り出したPL学園野球部

そんなPL学園野球部出身のプロ野球選手でベストナインを組んだらどうなるのか?

この記事ではPL学園からプロ野球に進んだ選手の中から『プロ野球での成績』でベストナインを組んでみました

錚々たるメンバーの揃うPL学園野球部OB、どのようなベストナインになったのでしょうか?

【PL学園の黒歴史】野球部衰退の原因と怖すぎる不祥事とは!?

PL学園野球部の歴史

野球部創部1956年(昭和31年)
甲子園初出場春の選抜・1962年(昭和37年)第34回
夏の選手権・1962年(昭和37年)第44回
甲子園出場回数春・20回 夏・17回
甲子園優勝回数春・3回(1981・1982・1987年)夏・4回(1978・1983・1985・1987年)
甲子園通算勝利春・48勝 夏・48勝 通算98勝(甲子園歴代3位)

PL学園野球部OB プロ野球での成績でベストナイン

1番・ショート 松井稼頭央(1993年 西武ドラフト3位)

キャリアハイ2002年  試140  率.332  本36  点87 盗33
通算成績NPB通算:17年 試1913 安2090 本201 点837  盗363 率.291 
MLB通算:7年  試630 安615 本32 点211  率.267 盗102
獲得タイトルMVP:1回・盗塁王:3回・最多安打;2回
ベストナイン:7回・ゴールデングラブ賞:2回

2番・セカンド 立浪和義(1987年 中日ドラフト1位)

キャリアハイ1996年  試130  率.323  本10  点62 
通算成績通算:22年 試2586 安2480 本171 点1037  盗135 率.285
獲得タイトル新人王(1987年)ベストナイン:2回・ゴールデングラブ賞:5回

3番・ライト 福留孝介(1998年 中日ドラフト1位※逆指名)

キャリアハイ2003年  試140  率.351  本34  点96
通算成績NPB18年:試2000 安1951 本285 打1075 率.287
MLB5年:試596 安498 本42 打195 率.258
獲得タイトルMVP:1回・首位打者:2回・最高出塁率:3回
ベストナイン:5回・ゴールデングラブ賞:5回

4番・ファースト 清原和博(1985年 西武ドラフト1位)

キャリアハイ1990年  試129  率.307  本37  点94
通算成績通算:22年 試2338 安2122 本525 点1530  率.285
獲得タイトル新人王(1986年)最高出塁率:2回・最多勝利打点:1回
ベストナイン:3回・ゴールデングラブ賞:5回

5番・DH 加藤秀司(1968年 阪急ドラフト2位)

キャリアハイ1979年  試122  率.364  本35  点104 盗14
通算成績通算:19年 試2028 安2055 本347 点1268  盗136 率.285
獲得タイトルMVP:1回・首位打者:2回・打点王:3回・最高出塁率:3回・最多安打:1回
ベストナイン:5回・ダイヤモンドグラブ賞:3回

6番・レフト  新井宏昌 (1974年 南海ドラフト2位)

※キャリアハイは近鉄時代

キャリアハイ1987年 試128 率.366 本13 点67
通算成績通算18年  試2076 率.291 安2038 本88 点680
獲得タイトル首位打者:1回・最多安打:1回
ベストナイン:4回・ゴールデングラブ賞:1回

7番・センター サブロー(1994年 ロッテドラフト1位)

キャリアハイ2009年 試119 率.314 本22 点68
通算成績通算22年  試1782 率.265 安1363 本127 点655
獲得タイトルゴールデングラブ賞:2回

8番・キャッチャー 福嶋久晃(1966年 大洋ドラフト外)

キャリアハイ1976年 試112 率.266 本18 点45
通算成績通算19年  試1254 率.239 安702 本107 点370

9番・サード 宮本慎也(1994年 ヤクルトドラフト2位※逆指名)

キャリアハイ2000年 試136 率.300 本3 点55
通算成績通算19年  試2162 率.282 安2133 本62 点578
獲得タイトルベストナイン:1回・ゴールデングラブ賞:10回

投手 桑田真澄(1985年 巨人ドラフト1位)

キャリアハイ1989年 試30 17勝9敗 防.2.60
通算成績NPB通算:20年 試442 173勝141敗14S 防.3.55
MLB通算:1年   試19 0勝1敗 防.9.43
獲得タイトルMVP:1回・沢村賞:1回・最優秀防御率:1回
最多奪三振:1回・最高勝率:1回
ベストナイン:1回・ゴールデングラブ賞:8回

さすがPL学園、凄まじいメンバーですね

ただ、この中で本当に迷ったのが今岡誠選手の扱いです

首位打者と打点王、三度のベストナインを獲得、2005年にはプロ野球歴代3位の147打点を挙げており、このベストナインに入ってないとおかしいくらいの実績なのですが、プロ野球で主に守って来たセカンドとサードには、立浪和義選手と宮本慎也選手という名球会の選手がいてこれも外せない

シーズンでの爆発力は今岡選手が圧倒的なんですが、通算成績などトータルで考えて…という事になりました

しかも、このベストナイン以外にもPL学園にはまだまだ凄い選手がたくさんいますので紹介していきます

PL学園野球部OB 歴代ベストナイン その他の有力選手 投手編

戸田善紀(1963年 阪急入団)

キャリアハイ1975年 試26 11勝5敗 防.3.17
通算成績通算17年 試332 67勝57敗10S 防.3.71

新美敏(1972年 日本ハムドラフト1位)

キャリアハイ1973年 試54 12勝13敗 防.3.65
通算成績通算14年 試275 35勝52敗6S 防.4.20

尾花高夫(1977年 ヤクルトドラフト4位)

キャリアハイ1984年 試45 14勝8敗7S 防.3.45
通算成績通算14年 試425 112勝135敗29S 防.3.82

金石昭人(1978年 広島ドラフト外)

キャリアハイ1986年 試26 12勝6敗 防.2.68
通算成績通算16年 試329 72勝61敗80S 防.3.38

野村弘樹(1987年 横浜大洋ドラフト3位)

キャリアハイ1993年 試28 17勝6敗 防.2.51
通算成績通算15年 試301 101勝88敗 防.4.01
獲得タイトル最多勝:1回

入来祐作(1996年 巨人ドラフト1位※逆指名)

キャリアハイ2001年 試27 13勝4敗1S 防.3.71
通算成績通算:9年 試215 35勝35敗3S 防.3.77
獲得タイトル最高勝率:1回

前田健太(2006年 広島ドラフト1位)

キャリアハイ2012年 試29 14勝7敗 防.1.53
通算成績NPB通算:8年 試218 97勝67敗 防.2.39
MLB通算:6年 試135 59勝41敗6S 防.3.87
獲得タイトル沢村賞:2回・最多勝:2回・最優秀防御率:3回
最多奪三振:2回・ベストナイン:3回・ゴールデングラブ賞:5回
最優秀投手:1回

PL学園野球部OB 歴代ベストナイン その他の有力選手 野手編

中塚政幸(1967年 大洋ドラフト2位)

キャリアハイ1978年 試124 率.317 本1 点30
通算成績通算15年  試1643 率.278 安1440 本61 盗164 点278
獲得タイトル盗塁王:1回

 金森栄治 (1981年 西武ドラフト2位)

キャリアハイ1985年 試129 率.312 本12 点55
通算成績通算15年 試1048 安583 率.256 本27 点239
獲得タイトルベストナイン:1回・ゴールデングラブ賞:1回

吉村禎章(1981年 巨人ドラフト3位)

キャリアハイ1987年 試127 率.322 本30 点86
通算成績通算17年 試1349 安964 率.296 本149 点534
獲得タイトルベストナイン:2回

小早川毅彦(1983年 広島ドラフト2位)

キャリアハイ1987年 試124 率.289 本24 点93
通算成績通算16年 試1431 率.273 安1093 本171 点626
獲得タイトル新人王:1984年・最多勝利打点:1987年

片岡篤史(1991年 日本ハムドラフト2位)

キャリアハイ1998年 試133 率.300 本17 点83
通算成績通算15年 試1569 率.270 安1425 本164 点717
獲得タイトル最高出塁率:1回・ベストナイン:2回・ゴールデングラブ賞:3回

今岡誠(1996年 阪神ドラフト1位※逆指名)

キャリアハイ2005年 試146 率.279 本29 点147
通算成績通算15年 試1309 率.279 安1284 本122 点594
獲得タイトル首位打者:1回・打点王:1回
ベストナイン:3回・ゴールデングラブ賞:1回

坪井智哉(1997年 阪神ドラフト4位)

キャリアハイ2003年 試123 率.330 本5 点40 盗13
通算成績通算14年 試1036 率.292 安976 本32 点265 盗50

今江敏晃(2001年 ロッテドラフト3位)

キャリアハイ2010年 試140 率.331 本10 点77
通算成績通算18年 試1704 率.283 安1682 本108 点726
獲得タイトルベストナイン:1回・ゴールデングラブ賞:4回

PL学園野球部OB プロ野球での成績でベストナイン

プロ野球に多くの選手を送り出しただけでなく、その選手たちの残した実績も本当に凄いですね

高校野球の名門チームの中でも、甲子園での実績は凄いけどそこからプロに進んだ選手はなぜか活躍できない…なんて言われている高校もありますが、PL学園は見事にそこを両立させています

PL学園野球部OBだけでベストナインを2つ組めそうなくらいの豪華メンバーと実績ですね。もうこんな高校野球部出てこないんじゃないでしょうか

残念ながら2016年の7月で『休部』という形になってしまいましたが、またいつか甲子園であのPL学園のユニフォームを見れる日が来るのを期待しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!