福岡ソフトバンクホークス 歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

福岡ソフトバンクホークスは、南海・ダイエー時代を含め、今までに指名して来た歴代のドラフト1位選手、どのような選手がいてどれだけの実績を残して来たのでしょうか?

福岡ソフトバンクホークスが指名して来た歴代ドラフト1位選手で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手がどれくらいの割合なのかを詳しく紹介します

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球での成功の基準なんですが、投手は『 通算28勝以上 』野手は『 通算427安打以上 』というひとつの目安があるので、この記事でもその成績を目安として失敗と成功の線引きをさせていただきました

このプロ野球の成功基準である『投手通算28勝以上』『野手通算427安打以上』 という数字は、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に算出した数字です

また、投手28勝だけだとリリーフで活躍した投手の扱いが難しくなってくるので、スポーツライターの小関順二さんが言われているセーブとホールドは0.5勝換算として計算しています

なので、この記事での成功基準は

■ 投手は通算28勝以上(セーブとホールドは0.5勝換算)

■ 野手は通算427安打以上

このようにさせていただき、この通算成績以下を『失敗』とします

また、 逆指名ドラフト時代の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とします

現役選手は成功基準を超えている選手のみ記載しています

南海&ダイエー含む 福岡ソフトバンク 成功したドラフト1位選手一覧

南海・ダイエー時代含む。城島健司・和田毅・井口忠仁選手の成績はNPB通算

名前 指名年 ドラフト時所属 通算成績
富田勝1968年法政大学試1303 安1087 本107 打451 率.270
佐藤道郎1969年日本大学試500 88勝69敗39S 防.3.15
島本講平1970年箕島高校試828 安454 本60 打232 率.243
藤田学1973年南宇和高校試213 72勝65敗1S 防.3.88
山内和宏1980年リッカー試326 97勝111敗1S 防.4.30
畠山準1982年池田高校試55 6勝18敗 防.4.74
試862 安483 本57 打240 率.255
加藤伸一1983年倉吉北試350 92勝106敗12S 防.4.21
吉田豊彦1987年本田技研試619 81勝102敗17S 防.4.38
木村恵二1990年近畿大学試325 31勝53敗41S 防.4.35
若田部健一1991年駒沢大学試271 71勝75敗 防.4.15
城島健司1994年別府大付属試1323 安1406 本244 打808 率.296
斎藤和巳1995年南京都高校試150 79勝23敗 防.3.33
井口忠仁1996年青山学院大学試1915 安1760 本251 打1017 率.270
永井智浩1997年JR東海試96 28勝21敗 防.4.67
寺原隼人2001年日南学園試303 73勝81敗23S 防.3.88
和田毅2002年早稲田大学試288 143勝77敗 防.3.19
馬原孝浩2003年 九州共立大学試385 23勝31敗182S 防.2.83
松田宣浩2005年亜細亜大学試1867 安1811 本301 打984 率.266
岩崎翔2007年市立船橋試251 28勝28敗5S82H 防.3.42
今宮健太2009年明豊高校試1224 安1008 本76 打402 率.246
武田翔太2011年宮崎日大試166 59勝40敗2S 防.3.39
東浜巨2012年亜細亜大学試108 49勝25敗 防.3.14

1960~80年代後半の南海ホークス時代は球団経営・戦力・ドラフト、どれも苦労が絶えなかったようですが、それがドラフト1位の成功率にも表れています

ダイエーになって山村山田両獲りや早稲田大学の和田毅大争奪戦、井口松中柴原など、一気に勝ち組ドラフトをやるようになり、それに合わせてチームも強くなっていきました

南海&ダイエー含む 福岡ソフトバンク 失敗ドラフト1位選手

※1966年は1次2次ドラフトが有 南海・ダイエー時代含む

名前指名年ドラフト時所属 通算成績
牧憲二郎1965年高鍋高校試24 3勝5敗 防.3.38
上田卓三1966年三池工業試205 13勝13敗 防.3.41
中村之保1966年法政大学試168 安147 本0 打9 率.222
藤原真1967年全鐘紡試196 23勝48敗 防.4.21
野崎恒男1971年富士重工試131 9勝13敗 防.4.33
長谷川勉1974年日産自動車試98 7勝19敗 防.3.97
森口益光1975年近畿大学試222 27勝58敗 防.4.61
中出謙二1977年新日鉄堺試95 安13 本1 打9 率.194
高柳秀樹1978年国士舘大学試592 安286 本48 打177 率.249
名取和彦1979年日産自動車試35 5勝13敗 防.6.55
田口竜二1984年都城高校試1 0勝0敗 防.9.00
西川佳明1985年法政大学試110 25勝39敗 防.4.90
田嶋俊雄1986年日本生命試30 3勝7敗 防.5.54
篠田淳1988年大垣商業一軍公式戦出場なし(投手)
大越基1992年アメリカ1A試13 0勝0敗 防.3.95
試365 安50 本1 打24 率.237
渡辺秀一1993年神奈川大学試140 27勝30敗 防.3.89
吉本亮1998年九州学院試149 安54 本1 打34 率.227
田中総司1999年立命館大学試5 0勝0敗 防.5.40
山村路直2000年九州共立大学試25 2勝2敗 防.3.58
江川 智晃2004年 宇治山田商業試345 安183 本26 打99 率.235
荒川雄太2005年日大高校一軍公式戦出場なし(捕手)
大場翔太2007年東洋大学試85 15勝21敗 防.4.39
巽真悟2008年近畿大学試24 1勝4敗 防.7.50
吉住晴斗2017年 鶴岡東高校一軍公式戦出場なし(投手)

やはり1970年代の南海ホークス時代はかなり悲惨な状態です。しかも72年1位の石川勝正選手と76年1位の武藤一邦選手は入団拒否なので、70年代のドラフト1位はほぼ全滅です

南海末期の頃は、明らかにドラフト1位クラスではない選手を繰り上げて1位にしたり、南海でも来てくれるような選手を妥協して指名していたという話も聞きますが、ダイエー・ソフトバンクになってからは一転し、ドラフトの超目玉クラスも獲得出来るようになりました

しかし、ドラフトでいい成果が出始めて来たダイエー時代に、歴史に残るような大失敗ドラフトがありました。それはプロ野球ファンにはお馴染みの、2000年山村山田ドラフトです

九州共立大学の山村路直投手と立命館大学の山田秋親投手という、この年の超目玉投手を逆指名での両獲りは衝撃でした

入団時には1年目から2人で30勝挙げると宣言し、実際本当にそれぐらいやるんじゃないかと期待させる程の超目玉だったのですが、蓋を明けて見れば2人合わせても通算で30勝も出来ないという、残念な結果に終わってしまいました…

福岡ソフトバンクホークス  歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

南海とダイエー時代を含む、福岡ソフトバンクホークスの歴代ドラフト1位選手、現状での成功選手・失敗選手の割合は

成功22名・失敗24名となっています

ダイエー時代からソフトバンクにかけてはドラフトでいい選手を獲得しているイメージがあるのですが、失敗が僅かに上回っていますね

やはり南海末期のドラフトが絶望的だったことや、ソフトバンクは1位だけではなく下位指名や育成指名選手が主力に育っている事も多いので、ドラフト1位だけではなく、ドラフト全体で高評価を得ているという感じなんでしょうね

正直、例えドラフト1位が外れても下位指名でカバー出来るという余裕が、ソフトバンクのドラフトからは感じられます

育成設備や三軍制度も充実していますし、これからも下位指名や育成選手からどんどんいい選手が出てきそうですね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!