立教大学野球部OB・プロ野球でのキャリアハイと通算成績でベストナイン

東京六大学で数々の歴史を作って来た立教大学野球部

この記事では、立教大学野球部からプロ野球に進んだOBの中から【プロ野球でのキャリアハイ&通算成績】を基準にベストナインを選出してみました

贔屓目なく、完全にプロ野球での実績のみで選んでいます。果たしてどのような選手が立教大学野球部・歴代ベストナインに選ばれたのでしょうか?

目次

立教大学野球部の歴史と東京六大学野球の主な規約

野球部創部1909(明治42)年
チーム成績東京六大学リーグ 優勝13回
全日本大学野球選手権大会 優勝4回
明治神宮野球大会 準優勝4回
本拠地埼玉県新座市北野

東京六大学の主な規約

登録選手

1試合のベンチ入り人数は25人。選手以外は部長・監督・助監督・コーチ・マネージャー(記録員)がベンチ入り可能

リーグ戦対戦方式

春秋の年2シーズン制。各シーズン6チーム総当りで計15カード対戦

1カード2戦先勝方式(どちらかが2勝するまでそのカードが続く)2勝で勝ち点1

順位は勝ち点の多い方が上位。勝ち点が同点の場合は勝率で決まる

背番号

各校共通は、監督30番・主将10番・助監督・学生コーチ40・50・51番

その他、各大学の伝統として、早稲田は投手は10番台、正捕手は6番、外野手は20番台、控えの第二捕手は26番。立教は31番まで、明治は高校野球と同じようにレギュラーはポジションの番号を付ける(捕手2・サード5など)などが有名

立教大学野球部OB プロ野球ベストナイン

1番・セカンド 土井正三(1965年 巨人入団)

キャリアハイ1967年 試131 率.289 本9 点34
通算成績通算:14年 試1586 安1275  本65   点425  率.263
獲得タイトルベストナイン:2回・ダイヤモンドグラブ賞:1回

2番・ショート 本屋敷錦吾(1958年 阪急入団) 

キャリアハイ 1958年 試128 率.260 本1  点35
通算成績 通算:12年 試1195 安785  本13   点179  率.269

3番・ファースト 小川亨(1967年 近鉄ドラフト3位)

キャリアハイ1973年 試123 率.289 本19  点63
通算成績通算:17年 試1908 安1634  本162  点633  率.284
獲得タイトル最高出塁率:1回・ダイヤモンドグラブ賞:1回

4番・サード 長嶋茂雄(1958年 巨人入団)

キャリアハイ1963年 試134 率.341 本37 点112
通算成績通算:17年 試2186 安2471  本444  点1522  率.305
獲得タイトル新人王:1958年・MVP:5回
首位打者:6回・本塁打王:2回・打点王:5回
最多出塁:3回・最多安打:10回
ベストナイン:17回・ダイヤモンドグラブ賞:2回

5番・DH  田部輝男 (1950年 西日本入団)

キャリアハイ1950年 試120 率.273 本16 点72
通算成績通算:5年 試449 安319  本35  点179  率.251

6番・ライト  坪内道典 (1936年 大東京軍入団)

※キャリアハイは中日時代

キャリアハイ1949年 試137 率.296 本10 点59
通算成績通算:15年 試1417 安1472  本34  点462  率.262
獲得タイトル盗塁王:2回・ベストナイン・2回

7番・センター 田中和基(2016年 楽天ドラフト3位)

キャリアハイ2018年 試105 率.265 本18 点45
通算成績通算:5年 試356 安217  本28  点84  率.228
獲得タイトル新人王:2018年

8番・キャッチャー 岡本凱孝(1963年 国鉄入団)

キャリアハイ1967年 試122 率.250 本6 点30
通算成績通算:6年 試391 安171  本10 点62  率.246

9番・レフト  早川大輔 (2001年 オリックスドラフト5位)

※キャリアハイはロッテ時代

キャリアハイ2007年 試133 率.283 本5 点44
通算成績通算:10年 試632 安425  本18   点138  率.258 

投手 杉浦忠(1958年 南海入団)

キャリアハイ1959年 試69 38勝4敗  防.1.40
通算成績通算:13年 試577 187勝106敗 防.2.39
獲得タイトル新人王:1958年・MVP:1回
最多勝利:1回・最優秀防御率・1回・最多奪三振:2回・最高勝率:1回
ベストナイン:1回・最優秀投手:1回

当サイトが選ぶ!立教大学野球部・歴代OB ベストナイン

選手キャリアハイ&通算成績
1土井正三1967年 試131 率.289 本9 点34  
通算:14年 試1586 安1275  本65   点425  率.263
2本屋敷錦吾1958年 試128 率.260 本1  点35
通算:12年 試1195 安785  本13   点179  率.269
3小川亨1973年 試123 率.289 本19  点63
通算:17年 試1908 安1634  本162  点633  率.284
4長嶋茂雄1963年 試134 率.341 本37 点112
通算:17年 試2186 安2471  本444  点1522  率.305
5田部輝男1950年 試120 率.273 本16 点72
通算:5年 試449 安319  本35  点179  率.251
6坪内道典1949年 試137 率.296 本10 点59
通算:15年 試1417 安1472  本34  点462  率.262
7田中和基2018年 試105 率.265 本18 点45
通算:5年 試356 安217  本28  点84  率.228
8岡本凱孝1967年 試122 率.250 本6 点30
通算:6年 試391 安171  本10 点62  率.246
9早川大輔2007年 試133 率.283 本5 点44
通算:10年 試632 安425 本18 点138  率.258 
杉浦忠1959年 試69 38勝4敗 防.1.40
通算:13年 試577 187勝106敗 防.2.39

昭和のメンバーが中心となっており、ドラフト制で入団した選手が3人しかいません

長嶋茂雄さんと杉浦忠さんの実績は光り輝いていますが、その他のメンバーは他の六大学チームに比べてかなり淋しい選出となっています

阪急7度のリーグ優勝と2度の日本一に貢献した名ショートの森本繁選手(1963年入団 1122安打・146本塁打)や、同じく阪急の正捕手として9年連続100試合以上に出場した岡本浩二選手(1961年入団 848安打・85本塁打)など、この中に入ってもおかしくな選手もいたのですが、中退してのプロ入りなので、今回は除外しました

立教大学野球部OB プロ野球ベストナイン  その他の有力選手

堀本恒夫 (1960年 巨人入団)

キャリアハイ 1960年 試60 29勝18敗 防.2.00
通算成績通算:6年 試201 63勝59敗 防.2.82
獲得タイトル新人王:1960年・沢村賞:1回・最多勝:1回

稲川誠(1962年 大洋入団)

キャリアハイ1963年 試54 26勝17敗 防.2.42
通算成績通算:7年 試304 83勝70敗 防.2.78

川村丈夫(1996年 横浜ドラフト1位※逆指名)

キャリアハイ1999年 試26 17勝6敗 防.3.00
通算成績通算:12年 試368 71勝64敗4S 防.3.72

立教大学野球部OB プロ野球ベストナイン  その他の有力選手

以上が立教大学野球部、歴代OB『プロ野球での実績』で選ぶベストナインとなります

コンスタントにプロ野球選手を輩出しているものの、ドラフトの超目玉クラスが出てくる事も少なく、プロ野球での実績でも他の六大学私立チームに劣っています

スポーツ推薦制度の縮小など、他チームに比べていい選手が集まりにくい環境で仕方ないかもしれませんが、それでも高校球界のスターが定期的に入学するのは、やはり高校球児にとって立教大学野球部というのはいつの時代も魅力的なブランドなのは間違いありません

今後の名選手輩出に期待ですね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる