読売巨人軍(ジャイアンツ)の歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

その中でも注目度と期待感が抜群なのがドラフト1位の選手です。特に巨人のドラフト1位というのは別格の注目度ですよね

そんな読売巨人軍が今までに指名して来た歴代のドラフト1位選手、どんな選手がどんな実績を残して来たのでしょうか?

今までの読売巨人軍の歴代ドラフト1位で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手を詳しく紹介します

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球の成功成績の基準なんですが、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に出された数字

投手通算28勝・打者通算427安打

これがプロ野球での成功の基準として有名な数字のようなので、この数字を基準に設定しました

また、スポーツライターの小関順二さんがドラフトで成功基準に挙げている50勝(1S・1Hは0・5勝換算)・500安打という数値もあるので、その中から (1S・1Hは0・5勝換算) というのを採用させていただき、このサイトでは

投手通算28勝 (1S・1Hは0・5勝換算) ・打者通算427安打

この成績を上回った選手を『ドラフト1位で成功した選手』と認定しました

この記事でのドラフト1位 成功選手の基準

■ 投手・通算28勝以上 (1S・1Hは0・5勝換算)  打者・通算427安打以上

■ 成功基準は現役選手も含む(成績は2021年シーズン終了時)

■ 逆指名ドラフト時の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とする

■ メジャー移籍選手は国内成績のみ

読売巨人軍(ジャイアンツ) 成功したドラフト1位選手

※桑田真澄・木田優夫・松井秀喜・入来祐作・上原浩治・高橋尚成・ 沢村拓一 各選手の成績はNPB通算

名前指名年ドラフト時所属通算成績
堀内恒夫1965年甲府商業試560 203勝139敗6S 防.3.27
高田繁1967年明治大学試1512 安1384 本139 打499 率.273
定岡正二1974年鹿児島実業試215 51勝42敗 防.3.83
篠塚利夫1975年銚子商業試1651 安1696 本92 打628 率.304
山倉和博1977年早稲田大学試1262 安832 本113 打426 率.231
原辰徳1980年東海大学試1697 安1675 本382 打1093 率.279
槙原寛己1981年大府高校試463 159勝128敗56S 防.3.19
斉藤雅樹1982年市立川口高校試426 180勝96敗11S 防.2.77
水野雄仁1983年池田高校試265 39勝29敗17S 防.3.10
桑田真澄1985年PL学園試442 173勝141敗14S 防.3.55
木田優夫1986年日大明誠試516 73勝82敗50S 防.3.91
吉田修司1988年北海道拓銀試533 37勝32敗23S 防.3.57
元木大介1990年上宮高校試1205 安891 本66 打378 率.262
松井秀喜1992年星稜高校試1268 安1390 本332 打889 率.304
河原純一1994年駒沢大学試275 31勝42敗40S 防.4.26
入来祐作1996年本田技研試215 35勝35敗3S 防.3.77
高橋由伸1997年慶応大学試1819 安1753 本321 打986 率.291
上原浩治1998年大阪体育大学試312 112勝67敗33S 防.3.02
高橋尚成1999年東芝試261 79勝73敗15S 防.3.79
阿部慎之助2000年中央大学試2187 安2085 本399 打1258 率.283
真田裕貴2001年姫路工業試312 24勝28敗3S41H 防.4.42
木佐貫洋2002年亜細亜大学試215 62勝72敗10S 防.3.76
久保裕也2002年東海大学試479 51勝36敗37S 防.3.44
内海哲也2003年東京ガス試330 135勝103敗 防.3.24
福田 聡志2005年東北福祉大学試151 22勝15敗25H 防.4.15
坂本勇人2006年光星学院試1902 安2118 本261 打911 率.291
大田 泰示2008年東海大相模試770 安640 本75 打310 率.261
長野久義2009年ホンダ試1376 安1392 本152 打562 率.277
沢村拓一2010年中央大学試352 48勝52敗75S 防.2.75
菅野智之2012年東海大学試215 107勝56敗 防.2.39
岡本 和真2014年智弁学園試582 安586 本135 打410 率.276

巨人のドラフト1位はさすがですね。ビッグネームがズラリと並んでいます

逆指名や自由枠の時代だった1990年代後半から2000年代前半も、ドラフトで騒がれた選手が続々と入団しています

昔のV9から逆指名・自由枠時代までアマチュア球界の目玉を獲りまくって来ましたが、これを見る限る、巨人の獲ったドラフトの目玉で大ハズレした選手ってほとんどいないんですよね

騒がれて入団して期待外れに終わったドラフト1位って、大森剛選手と野間口貴彦選手くらいじゃないですかね?

これは当然選手の持ってる能力もありますが、なんだかんだ言われながら、巨人の育成システムはしっかりしているのかなと思います(世間では補強しまくりで育成能力のない球団だと思われがちですが…)

読売巨人軍 成功しなかったドラフト1位選手

※1966年は1次2次ドラフトが有

名前指名年ドラフト時所属通算成績
山下司1966年伊野商業試191 安20 本1 打8 率.156
槌田誠三1966年立教大学試479 安107 本14 打63 率.215
島野修1968年武相高校試24 1勝4敗 防.5.05
小坂敏彦1969年早稲田大学試105 9勝8敗 防.4.74
湯口敏彦1970年岐阜短大付属一軍公式戦出場なし(投手)
横山忠夫1971年立教大学試70 12勝15敗 防.4.64
中井康之1972年西京商業試390 安39 本3 打19 率.211
藤城和明1976年新日鉄広畑試101 14勝19敗 防.4.51
林泰宏1979年市立尼崎高校一軍公式戦出場なし(投手)
上田和明1984年慶応大学試203 安61 本5 打18 率.302
橋本清1987年国士舘大学試134 9勝12敗 防.3.17
大森剛1989年慶応大学試132 安29 本5 打16 率.149
谷口功一1991年天理高校試7 0勝0敗 防.7.36
三野勝大1993年東北福祉大学試5 0勝0敗 防.7.50
原俊介1995年東海大相模試68 安19 本3 打10 率.224
野間口貴彦2004年シダックス試111 13勝12敗 防.4.57
辻内崇伸2005年大阪桐蔭一軍公式戦出場なし(投手)
福田聡志2005年東北福祉大学試151 22勝15敗 防.4.15
金刃憲人2006年立命館大学試216 17勝17敗 防.3.97
松本竜也2011年英明高校一軍公式戦出場なし(投手)

1960年代後半から1970年代辺りまでドラフト1位の成果がなかなか出ていませんが、これはちょうど巨人V9時代で、1軍戦力が非常に充実していた時期と重なっています

なので、本来なら1軍で通用する実力はあったものの、分厚い戦力を前に思うようなチャンスが得られなかったという事もあったかもしれません

90年代後半から2000年代前半の逆指名・自由枠の頃の失敗選手が少ないのは、あの頃のドラフトを考えるとさすが巨人というところですね

読売巨人軍(ジャイアンツ) 歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

読売巨人軍の歴代ドラフト1位選手、現状での成功選手・失敗選手の割合は

成功31名・失敗20名となっています

他球団に比べて成功が圧倒的に上回っていますが、やはり逆指名と自由枠時代を含め、『巨人ブランド』が輝きまくった事も大いに影響しているんでしょうね

昭和から平成初期にかけては、ドラフトの目玉クラスが巨人以外は進学!巨人以外は拒否!なんて当たり前のようにあったみたいですし

それに加え、在京セリーグ希望という選手が多い中、必ずそこに加わるので、戦力均等のために始まったと言われるドラフト会議も、結局は巨人有利のままだったんですよね…

今は堂々と希望球団を宣言出来ない雰囲気になっていますし、囲い込みというのも難しくなっているので、以前のような優位性はなくなってきていますが、それでもやはり今でも巨人のドラフト1位というのは注目度は別格に感じます

また、今回ここであげた以外でも、現役では吉川尚輝選手や高橋優貴選手も、今後成功基準以上の成績をあげるのは間違いないでしょう

坂本勇人選手や岡本和真選手を始め、この吉川選手や高橋選手は1位指名でも決してその年の超目玉というわけではありませんでした

巨人も育成に関してはイロイロ言われがちですが、これらの選手の順調な成長を見ていると、以前のような育成のマイナスなイメージは薄れつつあるのかなと感じますね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!