東北楽天ゴールデンイーグルス 歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

東北楽天ゴールデンイーグルスは2004年の第40回ドラフトからの参戦で、他球団に比べドラフト指名選手はかなり少ないのですが、今までに指名して来た歴代のドラフト1位選手、どのような選手がいてどれだけの実績を残して来たのでしょうか?

東北楽天ゴールデンイーグルスが2004年ドラフトから指名して来た歴代ドラフト1位選手で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手がどれくらいの割合なのかを詳しく紹介します

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球での成功の基準なんですが、投手は『 通算28勝以上 』野手は『 通算427安打以上 』というひとつの目安があるので、この記事でもその成績を目安として失敗と成功の線引きをさせていただきました

このプロ野球の成功基準である『投手通算28勝以上』『野手通算427安打以上』 という数字は、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に算出した数字です

また、投手28勝だけだとリリーフで活躍した投手の扱いが難しくなってくるので、スポーツライターの小関順二さんが言われているセーブとホールドは0.5勝換算として計算しています

なので、この記事での成功基準は

■ 投手は通算28勝以上(セーブとホールドは0.5勝換算)

■ 野手は通算427安打以上

このようにさせていただき、この通算成績以下を『失敗』とします

また、 逆指名ドラフト時代の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とします

現役選手は成功基準を超えている選手のみ記載しています

東北楽天ゴールデンイーグルス 成功したドラフト1位選手一覧

※田中将大選手の成績はNPB通算

名前 指名年 最終所属 通算成績
片山 博視2005年 報徳学園試206 8勝16敗48H 防.3.13
田中将大2006年駒大苫小牧試198 103勝44敗3S 防.2.37
永井怜2006年東洋大学試155 43勝43敗 防.3.65
塩見貴洋2010年八戸大学試123 39勝47敗 防.3.70
松井 裕樹2013年 桐光学園試389 22勝50敗165S61H 防.2.53

2004年からのドラフト参加なので仕方がありませんが、現在までのドラフト1位での成功選手はこんな感じです

野手はまだいませんが、楽天は自由枠や希望枠含め、球団創設から2014年まで全てドラフト1位で投手指名している事を考えると仕方ないですね(打者の1位は2015年のオコエ瑠偉選手が初)

今後ここに辰己涼介選手や小深田大翔選手が加わってくるはずです

それでもこの短期間で田中将大、松井裕樹と球界を代表する2人出てるのは立派だと思います

入札ドラフト1位は甲子園のスターで高校生の目玉クラスに突撃するイメージが強いチームですが、新規球団としては実力だけではなくネームバリューのある選手も同じように必要なんでしょうね

東北楽天ゴールデンイーグルス 成功しなかったドラフト1位選手

名前 指名年 ドラフト時所属 通算成績
一場靖弘2004年明治大学試91 16勝33敗 防.5.50
松崎伸吾2005年東北福祉大学試43 2勝16敗 防.6.04
寺田龍平2007年札幌南高校一軍公式戦出場なし(投手)
長谷部康平2007年愛知工業大学試110 11勝19敗 防.5.37
藤原紘通2008年NTT西日本試22 6勝8敗 防.5.22
戸村 健次2008年 立教大学試107 17勝25敗 防.4.35
武藤好貴2011年JR北海道試85 4勝4敗 防.4.96

これだけのドラフト1位選手がそれに見合った成績を残せずに去っています

ドラフトの目玉だった一場靖弘投手や長谷部康平投手が期待通りの活躍が出来なかったのが残念ですね

2017年のドラフト1位だった近藤弘樹投手は3年で自由契約となりヤクルトに移籍しましたが、移籍一年目から中継ぎとして活躍(好調時に怪我してしまったのが残念…)

ここまで期待通りの活躍がなかった安樂智大投手も中継ぎとしての活路を見出しました

後は甲子園を沸かせた藤平尚真投手やオコエ瑠偉選手の成長に期待ですね

東北楽天ゴールデンイーグルス  歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

東北楽天ゴールデンイーグルスの歴代ドラフト1位選手、現状での成功選手・失敗選手の割合は

成功5名・失敗7名となっています

失敗が若干上回っていますが、この中にはまだ現役でこれから成績を伸ばしていくであろう、安楽智大選手・オコエ瑠偉選手 ・藤平尚真選手 ・辰己涼介選手 ・小深田大翔選手 ・早川隆久選手 ・吉野創士選手などは含まれていません

各球団ドラフト戦略には独自の方針があるようですが、楽天に関しては素人が見てもハッキリ解るほど目玉突撃型のチームです(なので2021年の吉野創士選手の単独指名にはビックリしました )

目玉から少しズレた有望選手を一本釣りする戦略も美味しいとは思いますが、堂々と目玉に突撃するのも、ファンはワクワクしますよね

楽天にはこれからも目玉候補に堂々と突撃し、ドラフトを楽しませて欲しいですね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!