大阪近鉄バファローズ 歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

オリックスと球団合併してしまった近鉄バファローズですが、2003年まではドラフトに参加していました

近鉄バファローズはどんなドラフト1位選手が入団し、どれだけの実績を残して来たのでしょうか?

近鉄バファローズの歴代ドラフト1位選手で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手がどれくらいの割合なのかを詳しく紹介します

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球での成功の基準なんですが、投手は『 通算28勝以上 』野手は『 通算427安打以上 』というひとつの目安があるので、この記事でもその成績を目安として失敗と成功の線引きをさせていただきました

このプロ野球の成功基準である『投手通算28勝以上』『野手通算427安打以上』 という数字は、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に算出した数字です

また、投手28勝だけだとリリーフで活躍した投手の扱いが難しくなってくるので、スポーツライターの小関順二さんが言われているセーブとホールドは0.5勝換算として計算しています

なので、この記事での成功基準は

■ 投手は通算28勝以上(セーブとホールドは0.5勝換算)

■ 野手は通算427安打以上

このようにさせていただき、この通算成績以下を『失敗』とします

また、 逆指名ドラフト時代の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とします

現役選手は成功基準を超えている選手のみ記載しています

近鉄バファローズ 成功したドラフト1位選手一覧

※野茂英雄選手の成績はNPB通算

名前指名年ドラフト時所属通算成績
太田幸司1969年三沢高校試318 58勝85敗4S 防.4.05
佐々木恭介1971年新日鉄広畑試1036 安883 本105 打412 率.283
栗橋茂1973年駒沢大学試1550 安1301 本215 打701 率.278
久保康生1976年柳川高校試550 71勝62敗30S 防.4.32
石本貴昭1980年滝川高校試267 35勝19敗48S 防.4.04
金村義明1981年報徳学園試1262 安939 本127 打487 率.258
小野和義1983年創価高校試284 82勝78敗4S 防.4.03
佐々木修1984年近大工学部試181 36勝38敗2S 防.4.40
阿波野秀幸1986年亜細亜大学試305 75勝68敗5S 防.3.71
高柳出己1987年日本通運試119 29勝30敗 防.4.27
野茂英雄1989年新日鉄堺試139 78勝46敗1S 防.3.15
高村祐1991年法政大学試287 83勝102敗9S 防.4.31
小池秀郎1992年松下電器試287 83勝102敗9S 防.4.31
前川克彦1996年PL学園試149 31勝45敗 防.5.26
山本省吾2000年慶応大学試287 40勝42敗2S 防.4.41
坂口智隆2002年神戸国際大付試1521 安1514 本38 打416 率.278
香月 良太2003年東芝試371 18勝10敗3S77H 防.3.88

いてまえ打線、猛牛打線と言われるほど強打が売りだった近鉄ですが、ドラフト1位で成功した選手は意外と投手が多いです

ドラフト史上最多競合の野茂英雄投手と小池秀郎投手が、結局両方近鉄に入団したというのも面白いですね

しかし小池投手、亜細亜大学時代は『巨人・ヤクルト・西武意外拒否』と強烈な在京思考だったのに、なぜか大阪の松下電器に入りプロも近鉄に入るというのは一体なんだったんでしょうか?とんでもない回り道だったと思うのですが…

8球団競合の大学時代から社会人の2年で相当評価を落としたみたいなんですが、やっぱり選手にも旬の時期があるんだよなーと感じさせる事件でした

近鉄バファローズ 成功しなかったドラフト1位選手

※1966年は1次2次ドラフトが有

名前指名年ドラフト時所属通算成績
田端謙二郎1965年鎭西高校試26 1勝7敗 防.6.00
加藤英治1966年PL学園試4 0勝0敗 防.3.86
門野利治1966年平安高校試7 0勝0敗 防.9.69
水谷宏1968年全鐘紡試116 5勝12敗 防.3.80
市橋秀彦1970年九州工業試1 0勝0敗 防.4.50
試24 安5 本1 打3 率.192
仲根正広1972年日大桜丘試30 2勝8敗 防.4.34
試347 安189 本36 打120 率.247
福井保夫1974年松下電器試43 2勝3敗 防.3.12
中野英明1975年東海第二一軍公式戦出場なし(投手)
登記欣也1978年神戸製鋼試1 0勝0敗 防.27.00
藤原保行1979年岐阜商業試11 1勝2敗 防.6.07
加藤哲郎1982年宮崎日大試151 17勝12敗 防.4.60
桧山泰浩1985年東筑高校一軍公式戦出場なし(投手)
米崎薫臣1988年日本生命試196 安75 本4 打36 率.234
寺前正雄1990年北陽高校試9 0勝5敗 防.4.91
酒井弘樹1993年國學院大学試154 21勝26敗 防.3.68
田中宏和1994年桜井商業一軍公式戦出場なし(投手)
真木将樹1997年法政大学試58 11勝14敗 防.4.71
宇高伸次1998年近畿大学試31 2勝2敗 防.3.51
宮本大輔1999年延岡学園試43 2勝3敗 防.4.26
朝井秀樹2001年PL学園試113 25勝33敗 防.4.09

1970年代や球団末期はかなり悲惨なドラフト1位になってますが、80年代は野茂英雄投手や阿波野秀幸投手など、後の優勝メンバーやエースクラスを競合で引き当てて獲得出来ています

在阪パ・リーグというのはドラフトではかなり不利な時代が長く、拒否されたり交渉がかなり難航した挙句渋々入団というケースがかなり多かったようなので、なかなかいい選手が指名できなかったのがこの結果になったのでしょうね

近鉄バファローズ 歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

大阪近鉄バファローズの歴代ドラフト1位選手、成功・失敗の割合は

成功17名・失敗21名となっています

近鉄って、自由枠や逆指名ドラフトで最も苦戦したチームだったような気がします

裏で大きなお金が動いていた時代でしたが、チーム事情で他球団のようにお金を出せず、在阪パリーグという人気の在京セリーグとは全く逆の立ち位置というのもあって、自由枠や逆指名で選手を確保する際も、目玉クラスではない大学社会人の選手からなんとか同意を得ていたという感じでした

昔の荒々しいパリーグの象徴のようなチームで、それでも魅力的な選手がたくさんいましたし、もし今の令和の時代にも存続していたらどんなチームになっていたんでしょうね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!