中日ドラゴンズの歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

その中でも注目度と期待感が抜群なのがドラフト1位の選手です

これまでに中日ドラゴンズが指名して来た歴代のドラフト1位選手、どんな選手がどんな実績を残して来たのでしょうか?

今までの中日ドラゴンズの歴代ドラフト1位で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手を詳しく紹介します

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球の成功成績の基準なんですが、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に出された数字

投手通算28勝・打者通算427安打

これがプロ野球での成功の基準として有名な数字のようなので、この数字を基準に設定しました

また、スポーツライターの小関順二さんがドラフトで成功基準に挙げている50勝(1S・1Hは0・5勝換算)・500安打という数値もあるので、その中から (1S・1Hは0・5勝換算) というのを採用させていただき、このサイトでは

投手通算28勝 (1S・1Hは0・5勝換算) ・打者通算427安打

この成績を上回った選手を『ドラフト1位で成功した選手』と認定しました

この記事でのドラフト1位 成功選手の基準

■ 投手・通算28勝以上 (1S・1Hは0・5勝換算)  打者・通算427安打以上

■ 成功基準は現役選手も含む(成績は2021年シーズン終了時)

■ 逆指名ドラフト時の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とする

■ メジャー移籍選手は国内成績のみ

中日ドラゴンズ 成功したドラフト1位選手

※川上憲伸・福留孝介選手の成績はNPB通算

名前指名年ドラフト時所属通算成績
星野仙一1968年明治大学試500 146勝121敗34S 防.3.60
谷沢健一1969年早稲田大学試1931 安2062 本273 打969 率.302
鈴木孝政1972年成東高校試586 124勝94敗96S 防.3.49
藤波行雄1973年中央大学試1146 安539 本24 打186 率.273
田尾安志1975年同志社大学試1683 安1560 本149 打574 率.288
都裕次郎1976年堅田高校試243 48勝36敗10S 防.3.73
牛島和彦1979年浪商高校試395 53勝64敗126S 防.3.26
中尾孝義1980年プリンスホテル試980 安699 本109 打335 率.263
鹿島忠1982年鹿児島鉄道試405 36勝26敗14S 防.3.95
中村武志1984年花園高校試1955 安1380 本137 打604 率.242
立浪和義1987年PL学園試2586 安2480 本171 打1037 率.285
今中慎二1988年大阪桐蔭試233 91勝65敗5S 防.3.15
与田剛1989年NTT東京試148 8勝19敗59S 防.4.58
落合英二1991年日本大学試463 37勝45敗24S 防.3.29
荒木雅博1995年熊本工業試2220 安2045 本34 打468 率.268
小山伸一郎1996年明野高校試481 28勝36敗36S 防.3.87
川上憲伸1997年明治大学試275 117勝76敗1S 防.3.24
福留孝介1998年日本生命試2000 安1951 本285 打1075 率.287
朝倉健太1999年東邦高校試236 65勝70敗1S 防.4.11
平田良介2005年大阪桐蔭試1176 安1031 本104 打474 率.270
吉見一起2005年トヨタ自動車試223 90勝56敗 防.2.94
堂上 直倫2005年愛工大名電試984 安469 本34 打209 率.225
岡田 俊哉2009年智辯和歌山試348 19勝21敗19S62H 防.3.43
大野雄大2010年佛教大学試204 76勝74敗 防.3.11
高橋 周平2011年東海大甲府試825 安702 本53 打314 率.262
福谷 浩司2012年慶応大学試251 20勝25敗38S53H 防.3.65
柳 裕也2016年明治大学試88 31勝29敗 防.3.37

各年代安定してドラフト1位の成功選手を輩出しています

ドラフト1位の名球会野手が4人も出ていて、これは12球団で最多です(谷沢健一・立浪和義・荒木雅博・※福留孝介選手は日米通算で名球会入り)

順調に行けば高橋周平選手辺りも名球会狙えそうなんで、是非続いて欲しいです

あと、中日の歴代ドラフト1位で最も勝ち星を挙げたのは星野仙一さんの146勝なんですよね

現役時代素晴らしい投手だったのは知っていますが、好投手を数多く輩出している中日なので、これは少し意外でした

中日ドラゴンズ 成功しなかったドラフト1位選手

※1966年は1次2次ドラフトが有

名前指名年ドラフト時所属通算成績
豊永隆盛1965年八代第一高校試1 0勝0敗 防.18.00
大場隆広1966年別府鶴見ヶ丘試37 0勝0敗 防.6.00
伊熊博一1966年中京商業試43 安5 本0 打0 率.119
土屋紘1967年電電東京試44 4勝5敗 防.4.09
氏家雅行1970年大府高校一軍公式戦出場なし(投手)
藤沢哲也1971年鶴崎工業試2 0勝0敗 防.16.20
土屋正勝1974年銚子商業試240 8勝22敗 防.4.86
藤沢公也1977年日鉱佐賀関試163 27勝35敗 防.4.23
高橋三千丈1978年明治大学試60 6勝6敗 防.4.92
尾上旭1981年中央大学試362 安77 本5 打33 率.204
藤王康晴1983年享栄高校試237 安92 本10 打37 率.220
斉藤学1985年青山学院大学試135 7勝10敗 防.5.53
近藤真一1986年享栄高校試52 12勝17敗 防.3.90
小島弘務1990年住友金属試167 19勝15敗 防.3.60
佐藤秀樹1992年三菱重工横浜試145 22勝25敗 防.4.61
平田洋1993年豊田大谷高校試2 0勝1敗 防.32.40
金森隆浩1994年立命館大学試2 0勝1敗 防.21.40
中里篤史2000年春日部共栄試34 2勝2敗 防.4.65
前田章宏2001年中京大中京試54 安3 本0 打1 率.070
森岡良介2002年明徳義塾試557 安290 本7 打97 率.241
中川裕貴2003年中京高校試28 安5 本1 打2 率.152
樋口龍美2004年JR九州一軍公式戦出場なし(投手)
田中大輔2006年東洋大学試58 安14 本1 打3 率.177
赤坂和幸2007年浦和学院試43 安14 本0 打8 率.264
山内壮馬2007年名城大学試57 17勝15敗 防.3.01
野本圭2008年日本通運試449 安185 本9 打83 率.224
鈴木 翔太2013年聖隷クリストファー高校試24 5勝5敗 防.4.41
野村亮介2014年三菱日立横浜試3 0勝0敗 防.10.13

初登板初先発ノーヒットノーランの近藤真一投手が含まれているのが残念ですね…

2000年代に入ってドラフト1位を外し続けてましたが、2005年に高校生ドラフトで平田良介、大学・社会人ドラフトで吉見一起という後の投打の中心を獲得出来たのは、中日ドラフトの歴史の中でも大ヒットではないでしょうか

中日ドラゴンズ 歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

中日ドラゴンズの歴代ドラフト1位選手、現状での成功選手・失敗選手の割合は

成功27名・失敗28名となっています

現状では失敗選手の方が上回っていますが、小笠原慎之介選手や根尾昴選手、石川昂弥選手などが控えているので、成功が上回るのも時間の問題でしょう

あと、セリーグで中日と同じように地域密着度の強い広島カープは、地元の高校生指名は避ける傾向にあるという話をよく聞きますが、中日は逆に、かなり積極的に地元愛知県の高校生を指名しています

ドラフト1位だけでもここで挙げてるだけで10名、現役の堂上直倫選手や石川昂弥選手、高橋宏斗選手を含めると、今までのドラフトでなんと13人も愛知県の高校生をドラフト1位指名しています(獲得したのが13名なので、クジで外れた選手を含めたらもっといるかもしれません)

編成の戦略として、地元の有望選手は優先度が高いんだろうなというのがよく解ります

ファンも地元のスターが地元のチームに入団して活躍するのは嬉しいですし、この流れは続けて欲しいなと思いますね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!