埼玉西武ライオンズ 歴代ドラフト1位選手の成功&失敗選手一覧

1965年からプロ野球に導入されたドラフト制度

西武は西鉄→太平洋クラブ→クラウンライターを経て、現在の西武ライオンズに至るまで、どんなドラフト1位選手が入団し、どれだけの実績を残して来たのでしょうか?

今までに西武ライオンズが指名して来た歴代ドラフト1位選手で、成功したドラフト1位選手・失敗したドラフト1位選手がどれくらいの割合なのかを詳しく紹介します

目次

プロ野球 成功成績の基準

プロ野球での成功の基準なんですが、投手は『 通算28勝以上 』野手は『 通算427安打以上 』というひとつの目安があるので、この記事でもその成績を目安として失敗と成功の線引きをさせていただきました

このプロ野球の成功基準である『投手通算28勝以上』『野手通算427安打以上』 という数字は、近畿大学でスポーツマネジメントやポーツ社会学を専門とする黒田次郎教授が様々な数字を元に算出した数字です

また、投手28勝だけだとリリーフで活躍した投手の扱いが難しくなってくるので、スポーツライターの小関順二さんが言われているセーブとホールドは0.5勝換算として計算しています

なので、この記事での成功基準は

■ 投手は通算28勝以上(セーブとホールドは0.5勝換算)

■ 野手は通算427安打以上

このようにさせていただき、この通算成績以下を『失敗』とします

また、 逆指名ドラフト時代の1位2位は1位のみ。自由枠2枠は両方1位とします

現役選手は成功基準を超えている選手のみ記載しています

西武ライオンズ 成功したドラフト1位選手一覧

西鉄・太平洋クラブ・クラウンライター時代含む

松坂大輔投手の成績はNPB通算

名前指名年ドラフト時所属通算成績
河原明1967年大分商業試280 41勝76敗 防.4.25
東尾修1968年箕島高校試697 251勝247敗23S 防.3.50
山村善則1973年大鉄高校試1153 安739 本70 打318 率.256
古賀正明1975年丸善石油試211 38勝45敗8S 防.4.59
立花義家1976年柳川高校試1149 安801 本51 打318 率.262
森繁和1978年住友金属試344 57勝62敗82S 防.3.73
石毛宏典1980年プリンスホ試1796 安1833 本236 打847 率.283
伊東勤1981年所沢高校試2379 安1738 本156 打811 率.247
渡辺久信1983年前橋工業試389 125勝110敗27S 防.3.67
清原和博1985年PL学園試2338 安2112 本525 打1530 率.272
鈴木健1987年浦和学院試1686 安1446 本186 打797 率.278
渡辺智男1988年NTT四国試123 45勝40敗2S 防.3.73
潮崎哲也1989年松下電器試523 82勝55敗55S 防.3.16
石井貴1993年三菱重横浜試321 68勝58敗13S 防.3.78
高木大成1995年慶応大学試720 安599 本56 打319 率.263
松坂大輔1998年横浜高校試219 114勝65敗1S 防.3.04
細川亨2001年青森大学試1428 安680 本84 打367 率.203
長田 秀一郎2002年慶応大学試389 25勝25敗2S85 防.4.14
涌井 秀章2004年横浜高校試458 150勝140敗37S 防.3.57
炭谷銀仁朗2005年平安高校試1283 安704 本38 打304 率.213
岸孝之2006年東北学院大学試326 141勝94敗1S 防.3.06
菊池雄星2009年花巻東高校試158 73勝46敗 防.2.77
十亀剣2011年JR東日本試206 52勝49敗3S 防.4.04
増田 達至2012年NTT西日本試455 25勝29敗144S94H 防.2.87
森友哉2013年大阪桐蔭試824 安817 本94 打411 率.294
髙橋 光成2014年前橋育英高校試108 43勝41敗 防.4.03
多和田真三郎2015年富士大学試72 29勝21敗 防.4.17

1980年代は後の黄金時代を担う選手が次々とドラフト1位で入団しています

世間でよく言われる、いわゆる『根本マジック』が噂される選手の名前もありますね

各時代で高校・大学・社会人とバランスよくドラフト1位を指名していますし、清原和博選手や松坂大輔選手という高校野球・甲子園の歴史上屈指のスーパースターをクジで引き当てているのもさすがです

菊池雄星選手や大石達也選手の時もですが、競合が多い目玉選手を上手く引き当ててますね

西武ライオンズ 失敗ドラフト1位選手

※1966年は1次2次ドラフトが有 西鉄・太平洋クラブ・クラウンライター時代含む

名前指名年ドラフト時所属通算成績
浜村孝1965年高知商業試415 安203 本13 打58 率.218 
岡村佳典1966年浜田高校試19 0勝2敗 防.7.31
荒武康博1966年報徳学園試86 安12 本1 打6 率.141
泉沢彰1969年花巻商業試34 1勝5敗 防.3.45
高橋二三男1970年新日鉄広畑試491 安255 本7 打51 率.243
中島弘美1972年八代第一試3 1勝0敗 防.5.63
鴻野淳基1979年愛工大名電試450 安193 本14 打60 率.255
野口裕美1982年立教大学試5 0勝0敗 防.5.11
大久保博元1984年水戸商業試303 安158 本41 打100 率.249
森山良二1986年ONOフーヅ試86 14勝15敗 防.4.21
長見賢司1990年伊丹西高校試6 安2 本0 打0 率.182
竹下潤1991年駒沢大学試162 12勝12敗 防.4.13
杉山賢人1992年東芝試333 17勝13敗 防.3.91
富岡久貴1994年東京ガス試76 1勝4敗 防.4.20
玉野宏昌1996年神戸弘陵試123 安54 本4 打26 率.208
安藤正則1997年専修大学一軍公式戦出場なし(投手)
高山久1999年九州学院試377 安227 本25 打108 率.250
大沼幸二2000年プリンスホ試248 18勝30敗 防.4.98
後藤武敏2002年法政大学試618 安312 本52 打184 率.254
山崎敏2003年平成国際大学試67 6勝4敗 防.5.15
松永 浩典2005年三菱重工長崎試124 9勝8敗 防.3.39
平野将光2007年JR東日本試60 6勝13敗 防.5.13
中崎雄太2008年日南学園試15 0勝0敗 防.8.04
大石 達也2010年早稲田大学試132 5勝6敗 防.3.64

根本睦夫さんの裏技で一躍話題になった森山良二選手も、10勝を挙げて新人王を獲ってからは全くダメでした

同じく新人王の杉山賢人投手はそれ以降も中継ぎとして300試合以上登板していますし、勝ち星は規定に足りませんでしたが立派な活躍はしたと思います

西武の歴代のドラフト1位の中で唯一1軍試合出場なしに終わった安藤正則投手ですが、この1997年のドラフトは高橋由伸選手が目玉で、ヤクルトか西武が有力と言われていましたよね

それを最後の最後で巨人に獲られ、その代わりの逆指名が1軍出場無しに終わるというのは中々キツいですね…

西武ライオンズ 歴代ドラフト1位 成功&失敗 まとめ

西鉄・太平洋クラブ・クラウンライター時代を含む、西武ライオンズの歴代ドラフト1位選手、現状での成功選手・失敗選手の割合は

成功27名・失敗24名となっています

西武のドラフトはなんといっても、球界の寝業師と言われた根本陸夫さんの『根本マジック』が有名で、この時代に獲得した選手が主力として西武黄金時代を築き上げました

それ以降も高卒・大卒・社会人と幅広くドラフト1位指名し、堅実に輩出しているのも凄いですし、西武はドラフト戦略と育成がしっかりしているからこそ、FAでどれだけ主力が抜けても低迷期がこないんでしょうね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる